地盤改良・地盤強化に役立つ情報

  • TOP
  • お役立ち情報

改良の種類 2


工法管理部の今村です。

今回は前回に引き続き、地盤改良の種類をご紹介します。
みなさんのお住まいは、どの工法で改良されているか分かりましたか?
日常生活の中では見えない部分ですが、地盤は非常に重要です。

画像
   ●表層改良
   ・セメントと掘削した土砂を混ぜ合わせて
    地盤の強度(耐力)を増すことで、不同沈下を防ぐ工法です。
   ・軟弱地盤が、2m以内の浅い場合に適しています。
   ・施工後、コンクリートが固まるまで、約2日程度の養生期間を必要とします。






画像
   ●木杭
   ・防腐加工された木材を支持層まで、打ち込んで家を支える工法です。
   ・木材を地中に打設することで、二酸化炭素を貯蔵し、
      温室効果ガス削減に貢献できるようです。
   ・施工後の養生期間は不要です。






画像
   ●ハイスピード工法(当社の工法)
   ・軟弱地盤を砕石で締め固め、地盤面下を補強する工法です。
   ・鋼管杭、柱状改良とは家を支える考え方が違う為、
    当工法はほとんど支持層を必要としません。
   ・地盤状況によっては、低コストが可能となる場合があります。
   ・100%自然素材と地盤の特性を上手く利用した、
    環境負荷の非常に小さい環境保全型地盤改良であり、
    お施主様の「健康」と「資産」を守る地盤改良工法でもあります。



前回の記事へ





地盤に関するお役立ち情報

よくあるご質問内容

お施主様のメッセージ

TOP