地盤改良・地盤強化に役立つ情報

  • TOP
  • お役立ち情報

住宅地利用目標規模据え置き


地盤事業部、加藤です。
2015年8月14日に「国土利用計画」と「国土形成計画」が閣議決定されました。
両者は今後10年間の国土の利用・開発の方向性を示すもので、都市のコンパクト化に向けて その機能や住居を中心部へ誘導を図る模様。また、一方では交通やエネルギー、 情報といったインフラをネットワークで繋ぐ構想のようです。
ちなみに、今から10年後の2025年の住宅地利用の規模目標は116万ヘクタール。
これは2012年と同等レベルに据え置かれています。


新規の開発を抑制し、都市の低利用地・未使用地の有効活用を進め、空き家の利用率・流通を活性化する狙いのようです。
新規の開発が抑制されることになるので、新規分譲地を求める層は土地探しが難しくなるのかもしれません。
管理されていない空き家が原因で事故が起こるよりはマシかも知れませんが・・・。



地盤に関するお役立ち情報

よくあるご質問内容

お施主様のメッセージ

TOP