• TOP
  • SDGsへの取り組みについて

SDGsへの取り組みについて

SDGsとは

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の間で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。
「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府も積極的に取り組んでいます。

・SDGsの詳細情報はこちら⇒外務省HP

ハイスピードコーポレーション株式会社の取り組み

ハイスピードコーポレーション株式会社は、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同します。
多様性と包摂性のある社会の実現に向け、事業また当社全体で貢献していきます。


質の高い教育をみんなに

<地域の子供たちのスポーツ推進イベントへの協賛>
地元企業が運営している未就学児へ向けたスポーツイベントの協賛をしています。
イベントでは、フェンシングやトランポリン、アーチェリーといったスポーツの体験の他に身体測定会を実施し、お子様の成長記録を親子で楽しんで頂いています。また、プロや実業団の選手がコーチングしてくださり、普段中々教わることが出来ないような方達から専門的な事を学ぶ機会を提供しています。


<資格取得支援>
業務に必要な資格を取得するために定期的に勉強会を開催します。また、資格取得時には報奨金を支給して積極的に取得する環境を提供します。


<職業体験>
地元の中学生・高校生の職場体験を積極的に受け入れ、社会体験を通して働くことの厳しさや楽しさ、やりがいなどを学んでもらいます。





働きがいも経済成長も

<長時間労働の排除>
労働生産性向上のために全社員の意識向上を行います。また、システムやRPAの導入により業務の効率化で時間外労働の削減を目指します。


<シニア社員>
社員がより長く安心して働くことができるように、定年後でも貴重な戦力として再雇用して継続勤務ができる環境を整えます。


<社内表彰>
日頃の活動にて活躍が認められた社員をその都度表彰して、年間で一番の活躍者には「ハイスピード大賞」として表彰しています。


<子育て応援>
育児休業復帰後は本人が勤務形態(時短勤務、エリア限定職)を選択により働きやすい環境を提供します。


人や国の不平等をなくそう

<外国人の雇用>
外国人技能実習生として4名を雇用しています。お互いの文化の違いを認め合い、対等な関係を築きながら安心・安全に暮らせるように「生活支援」に取り組んでいきます。





つくる責任・つかう責任

<資源リサイクルの推進>
ごみの分別により再利用可能なものはリサイクル業者に回収してもらっています。


<ペーパーレス化>
紙の書類をスキャンして電子データとして保存し、ペーパーレス化を推進していきます。


<プラごみゼロ>
投棄されたプラスチックごみが海洋環境を汚染し、ウミガメなどがプラスチックごみを餌と間違えて食べたり、身体にからみついて自由を奪うなど海の生物に大きな影響を与えています。 このような状況を目の当たりにして、まずはプラスチックごみの廃棄量を減らすため、マイバックを持参することにより、レジ袋はもらわない取組みを進めていきます。


気候変動に具体的な対策を

<近場での災害時の積極的な重機の貸し出しや食料等支援を行う>
松山市より防災協力事業所認証を受けています。
南海トラフ巨大地震等に備えるため、防災士の養成や防災訓練等、松山市の防災に協力する企業として、地域との連携を更に強化することで、総合的な地域防災力の向上を図ります。

HySPEED工法の取り組み

HySPEED工法について

HySPEED工法は、2007年4月に工法普及を開始して以来、約12年で施工ネットワークが全国130社(2020年1月現在)となり、 2019年11月に全国施工累計が6万7千棟を達成いたしました。
現在、年間施工棟数は7,000~8,000棟レベルになってきており、今後の目標として、新設持家住宅25万戸が想定される2021年度に市場的認知シェア10.9%に相当する10,900棟/年を計画し、更なる工法普及活動を実施していくことで、SDGs目標達成に向け積極的に取り組んでいきます。


【特長】
1.天然砕石を使用してセメント等を使わない為、土壌汚染の懸念が無く土壌汚染による資産価値毀損リスクがない
2.通常の杭の様に産業廃棄物、埋設物扱いにならない為、土地の資産価値を棄損しない
3.施工後の品質検査を徹底
4.液状化による建物の被害低減効果への期待

HySPEED工法は、上記の特徴と住宅業界で環境への配慮、エコロジーな住環境提案の意識が高まっている背景も影響し採用住宅会社が増加してきています。さらに、2009年に建築技術性能証明(GBRC 性能証明第 09-20 号)を取得し、昨今では一般住宅以外にもアパート、店舗など様々な建物の地盤補強工法として採用されており、公共工事でも採用が増加しています。

HySPEED工法の取り組み

すべての人に健康と福祉を

2030年までに、有害化学物質、並びに大気、水質及び土壌の汚染による死亡及び疾病の件数を大幅に減少させる。

住み続けられるまちづくりを

2030年までに、大気の質及び一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものを含め、都市の一人当たりの環境上の悪影響を軽減する。

つくる責任つかう責任

1.2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質やすべての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。
2.2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

・2021年度には54,500tのCO2削減を目指す
「一般的に地盤補強工法と言えばセメント系固化材を利用した補強工法で、その製品生産時に多量のCO2を発生します。例えば、セメント1,000kgを生成する際に発生するCO2を約723kgとして算出すると、平均的な住宅においてセメ ント系固化材を利用し補強した場合(杭長3m×打設30本程度)、約5,000kgのCO2が発生していると推定されます。 これまで天然の砕石のみを利用したHySPEED工法の施工により、累計約340,000tのCO2削減に貢献しております。 2021年度には10,900棟/年の計画をしていることから、年間54,500tのCO2削減を目指します。


・セメント系固化材を利用した補強工法を利用した際に懸念されている発がん性物質の一つ六価クロムの溶出による環境及び人体への影響が一切ありません。


・天然砕石のみを利用していることから、地中埋設物・産業廃棄物には該当しません。


・材料の劣化も無く、将来の建替え時に同程度の建物規模、配置であればリユースが可能です。



地盤に関するお役立ち情報

よくあるご質問内容

お施主様のメッセージ

TOP