• TOP
  • 活動報告

2013/06/03更新

「2013年度  HySPEED工法 技術検定試験」を開催しました。

平成25年6月3日(月)から平成25年6月13日(木)にかけて「2013年度HySPEED工法 技術検定試験」を開催しました。

開催日

平成25年6月3日(月)~平成25年6月13日(木)

開催場所
ハイスピードコーポレーション株式会社(HySPEED工法技術本部)

主催
ハイスピードコーポレーション株式会社(HySPEED工法技術本部)

目的
HySPEED工法の技術向上と施工マニュアルに沿った施工方法の再確認、

安全に対する意識の向上を図るもの

参加者
115名



HySPEED工法技術検定試験とは・・・
HySPEED工法の施工技量を証明する試験です。

評価基準
技能試験
(100点満点)
90点以上・・・Sランク
80~89点・・・Aランク
79点以下・・・追試験

筆記試験
品質管理(20点満点) 
12点以上・・・合格 11点以下・・・追試験
設計・含水比(10点満点) 
6点以上・・・合格 5点以下・・・追試験

※  筆記試験で追試対象になった場合は技能試験で90点以上(Sランク)でもAランクとなります。
認定ランク(優れた施工技量順に S,A)
例:右上の数字は取得年度を表しています。

技術検定試験を行うことで施工品質を向上させ、施主様に安心して暮らせる地盤を提供することを目指しています。
施工ネットワークの代理店情報に認定ランクを表示しています。



M.V.P賞
M.V.P賞獲得の方には、ハイスピード工法技術本部より賞状と賞品を贈呈しました。

最高得点賞  (技能試験及び筆記試験)
愛知県 株式会社朝日組 水谷 隆 様
長崎県 有限会社タムラクレーン 菅村 潤 様
岐阜県 
株式会社小西開発 武田 一馬 様

マスターズ(60歳以上)最高得点賞  (技能試験及び筆記試験)
福岡県 株式会社松尾組 西本 昭夫 様

まとめ
今回のHySPEED工法技術検定試験にご参加くださいました施工代理店の皆さま、大変お疲れ様でした。
梅雨の時期の開催ではありましたが、雨が降ることもなく、非常にスムーズにとり行うことが出来ました。
今回の技術検定試験の内容を、今後の現場、営業に活かし、施主様に安心して暮らせる地盤を提供していただければ幸いです。
今回参加できなかった代理店の皆さま、次回開催時にお待ちしております。
参加された代理店の皆さまの益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 

研修内容
研修内容

講習及び筆記試験
講習及び筆記試験

講習及び筆記試験
講習及び筆記試験

講習及び筆記試験
講習及び筆記試験

技能試験
技能試験

技能試験
技能試験

懇親会
懇親会

懇親会
懇親会

2013/05/17更新

「第7回 HySPEED工法 全国大会」を開催しました。

2013年5月17日に「第7回 HySPEED工法 全国大会」を開催しました。

開催日時

2013年5月17日(金) 13:30~21:30

開催場所
目黒雅叙園

主催
ハイアス・アンド・カンパニー株式会社 (HySPEED工法運営事務局)

大会内容
~第1部~ 


 ○開催の挨拶 

 ○現状報告 

 ○受注キャンペーン2013 表彰式
  
 ○活動事例発表
   ①株式会社 総和(北海道)
   ②株式会社 出雲採石(島根県)
   ③有限会社 福本組(三重県)

 ○活動事例発表まとめ

 ○競合対策

 ○安全パトロール結果報告

 ○技術営業研修会の報告

 ○記念講演 二木幹夫先生
    「東日本大震災を経て今後の小規模建築物の地盤対応について」

 ○技術力アップへの取り組み

 ○設計の現状報告

 ○本部からの報告

 ○閉会の挨拶

  ~第2部~



 ○懇親会
お陰様で総勢190名以上の皆様にご参加頂きまして、誠にありがとうございました。
今後も施工代理店の皆様と一丸となって、ハイスピード工法の普及に努めていきたいと思います。
参加された施工代理店の皆様の益々のご活躍をお祈り申し上げます



 

開催の挨拶 堀田社長
開催の挨拶 堀田社長

記念講演 二木幹夫先生 「東日本大震災を経て今後の小規模建築物の地盤対応について」 
記念講演 二木幹夫先生 「東日本大震災を経て今後の小規模建築物の地盤対応について」 

第2部 懇親会
第2部 懇親会

HySPEED工法 受注キャンペーン2013  有限会社福本組(三重県) 営業優秀賞 
HySPEED工法 受注キャンペーン2013  有限会社福本組(三重県) 営業優秀賞 

HySPEED工法 受注キャンペーン2013  株式会社宮崎組(福岡県) 技術優秀賞
HySPEED工法 受注キャンペーン2013  株式会社宮崎組(福岡県) 技術優秀賞

HySPEED工法 受注キャンペーン2013  グラウンド・ワークス株式会社(静岡県) 最多契約社優秀賞 
HySPEED工法 受注キャンペーン2013  グラウンド・ワークス株式会社(静岡県) 最多契約社優秀賞 

HySPEED工法普及に対して期間中の施工総杭長メートル数  第1位 HySPEEDプラチナ大賞 株式会社宇佐美工業(熊本県)
HySPEED工法普及に対して期間中の施工総杭長メートル数  第1位 HySPEEDプラチナ大賞 株式会社宇佐美工業(熊本県)

HySPEED工法普及に対して期間中の施工総杭長メートル数 第2位 HySPEEDゴールド大賞 三和ボーリング株式会社(富山県)
HySPEED工法普及に対して期間中の施工総杭長メートル数 第2位 HySPEEDゴールド大賞 三和ボーリング株式会社(富山県)

HySPEED工法普及に対して期間中の施工総杭長メートル数 第3位 HySPEEDシルバー大賞 株式会社綜和(北海道)
HySPEED工法普及に対して期間中の施工総杭長メートル数 第3位 HySPEEDシルバー大賞 株式会社綜和(北海道)

受賞者で記念撮影
受賞者で記念撮影

2013/04/26更新

香川住宅地盤セミナーを開催

香川住宅地盤セミナーを開催

開催日時
平成25年4月26日(金) 13:00~17:00

開催場所
サンメッセ香川 2階中会議室

参加者
48名

講演内容(敬称略)
「42年間で学んだ住宅地盤の問題点」

   講師:株式会社WASC基礎地盤研究所 代表取締役 高森 洋

「高松平野の地盤特性」
   講師:香川大学工学部安全システム建設工学科 准教授 山中 稔

「戸建住宅用地盤調査法の問題点と新しいSDS調査法による判定」
   講師:株式会社日本住宅保証検査機構 工学博士 大和 眞一

「SWSによる不撹乱サンプリング法と液状化判定」
   講師:ハイスピードコーポレーション株式会社 代表取締役 堀田 誠


テーマと内容、講師略歴はこちら


 

~山中 稔氏 略歴~  1992 年長崎大学大学院工学研究科土木工学専攻(修士課程)修了、1992 年~1993 年応用地質株式会社で土質ボー リングに従事、1993 年~2003 年長崎大学、2003 年~香川大学助手、助教授を経て現職。専門は地盤環境工学
~山中 稔氏 略歴~ 1992 年長崎大学大学院工学研究科土木工学専攻(修士課程)修了、1992 年~1993 年応用地質株式会社で土質ボー リングに従事、1993 年~2003 年長崎大学、2003 年~香川大学助手、助教授を経て現職。専門は地盤環境工学

 
 

2013/04/25更新

徳島住宅地盤セミナーを開催

徳島住宅地盤セミナーを開催

開催日時
平成25年4月25日(木) 13:00~17:00

開催場所
アスティとくしま 3階 第2特別会議室


参加者
70名

講演内容(敬称略)
「42年間で学んだ住宅地盤の問題点」
   講師:株式会社WASC基礎地盤研究所 代表取締役 高森 洋

「徳島の地盤と液状化」
   講師:徳島大学 名誉教授 望月 秋利 

「戸建住宅用地盤調査法の問題点と新しいSDS調査法による判定」
   講師:株式会社日本住宅保証検査機構 工学博士 大和 眞一

「SWSによる不撹乱サンプリング法と液状化判定」
   講師:ハイスピードコーポレーション株式会社 代表取締役 堀田 誠


テーマと内容、講師略歴はこちら
 

~望月 秋利氏 略歴~ 1969年大阪市立大学工学研究科修士課程修了、同年市大助手、講師、助教授を経て、1998年徳島大学教授、2010年同名誉教授、荒谷建設C顧問、現在に至る。その間、中国・同済大学・研究顧問教授、地盤工学会四国支部長、機械化協会四国支部長等各種委員を務める。専門は地盤工学
~望月 秋利氏 略歴~ 1969年大阪市立大学工学研究科修士課程修了、同年市大助手、講師、助教授を経て、1998年徳島大学教授、2010年同名誉教授、荒谷建設C顧問、現在に至る。その間、中国・同済大学・研究顧問教授、地盤工学会四国支部長、機械化協会四国支部長等各種委員を務める。専門は地盤工学

 
 

2013/04/15更新

「HySPEED工法施工マニュアル改定に伴う説明会」を開催いたしました。

HySPEED工法施工マニュアル改定に伴い、改定内容を確実にご理解いただけるよう 主要都市にて説明会を開催いたしました。

4月15日
会場・・・福岡  参加人数・・・54名

4月16日

会場・・・大阪  参加人数・・・60名

4月17日

会場・・・名古屋  参加人数・・・82名

4月18日

会場・・・東京  参加人数・・・95名

4月19日

会場・・・仙台  参加人数・・・41名

4月20日

会場・・・札幌  参加人数・・・16名


説明会内容

・ポイント説明動画
・施工マニュアル改訂説明(施工方法)
・施工マニュアル改訂説明(施工管理)
・第4回技術検定試験のお知らせ



説明会にご参加くださいました施工代理店の皆さま、本当にご苦労様でした。
今後も施工代理店の皆さまと一緒に品質向上を目指し努力してまいります。







 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

2013/03/29更新

岡山住宅地盤セミナーを開催

岡山住宅地盤セミナーを開催


開催日時
平成25年3月29日(金) 13:00~17:00

開催場所
岡山コンベンションセンター 407会議室

参加者
46名

講演内容(敬称略)
「42年間で学んだ住宅地盤の問題点」

   講師:株式会社WASC基礎地盤研究所 代表取締役 高森 洋

「岡山平野の生い立ちと地盤特性」
   講師:岡山大学大学院 自然科学研究科 教授 鈴木 茂之

「戸建住宅用地盤調査法の問題点と新しいSDS調査法による判定」
   講師:株式会社日本住宅保証検査機構 工学博士 大和 眞一

「SWSによる不撹乱サンプリング法と液状化判定」
   講師:ハイスピードコーポレーション株式会社 代表取締役 堀田 誠


テーマと内容、講師略歴はこちら



 

~鈴木 茂之氏 略歴~  1973年~1977年岡山大学理学部地学科、1977年~1979年岡山大学大学院修士課程、1979年~1983年広島大学大学院博士課程。専門は地質学。学生の研究指導を兼ね、野外での地盤の地質調査を日常的に行い、斜面防災や軟弱地盤の問題にも取り組む。1985年~岡山大学理学部助手、講師、助教授を経て2012年から現職
~鈴木 茂之氏 略歴~ 1973年~1977年岡山大学理学部地学科、1977年~1979年岡山大学大学院修士課程、1979年~1983年広島大学大学院博士課程。専門は地質学。学生の研究指導を兼ね、野外での地盤の地質調査を日常的に行い、斜面防災や軟弱地盤の問題にも取り組む。1985年~岡山大学理学部助手、講師、助教授を経て2012年から現職

 
 

2013/03/28更新

広島住宅地盤セミナーを開催

広島住宅地盤セミナーを開催


開催日時
平成25年3月28日(木) 13:00~17:00

開催場所
広島県情報プラザ 多目的ホール

参加者
84名

講演内容(敬称略)
「42年間で学んだ住宅地盤の問題点」

   講師:株式会社WASC基礎地盤研究所 代表取締役 高森 洋

「広島地盤の生い立ちとその地盤特性」
   講師:広島大学大学院 国際協力研究科 教授 山本 春行 

「戸建住宅用地盤調査法の問題点と新しいSDS調査法による判定」
   講師:株式会社日本住宅保証検査機構 工学博士 大和 眞一

「SWSによる不撹乱サンプリング法と液状化判定」
   講師:ハイスピードコーポレーション株式会社 代表取締役 堀田 誠


テーマと内容、講師略歴はこちら



 

~山本春行氏 略歴~ 1982年広島大学大学院工学研究科博士課程後期構造工学専攻位修得。主な研究専門分野は建築基礎工学、地盤工学、地盤災害、災害情報システム、画像計測。1982年~広島大学助手、助教授を経て2008年から現職
~山本春行氏 略歴~ 1982年広島大学大学院工学研究科博士課程後期構造工学専攻位修得。主な研究専門分野は建築基礎工学、地盤工学、地盤災害、災害情報システム、画像計測。1982年~広島大学助手、助教授を経て2008年から現職

 
 

2013/03/01更新

2013年3月 高知住宅地盤セミナーを開催

 高知住宅地盤セミナーを開催

開催日時
平成25年3月1日(金) 13:00~17:00

開催場所
高知城ホール 大会議室

参加者

63名

講演内容(敬称略)
「42年間で学んだ住宅地盤の問題点」

   講師:株式会社WASC基礎地盤研究所 代表取締役 高森 洋

「高知県の地盤特性」
   講師:株式会社第一コンサルタンツ 技師長 中村 和弘

「戸建住宅用地盤調査法の問題点と新しいSDS調査法による判定」
   講師:株式会社日本住宅保証検査機構 工学博士 大和 眞一

「SWSによる不撹乱サンプリング法と液状化判定」
   講師:ハイスピードコーポレーション株式会社 代表取締役 堀田 誠


テーマと内容、講師略歴はこちら





 

~中村和弘氏 略歴~ 1968年高知大学農学部農業工学科卒業。同年4月(株)相愛に入社し、ボーリング、物理探査、物理検層、室内土質試験等の地質・地下水調査解析業務に従事。1984年~1991年四国建設弘済会創立40周年記念事業「四国の地盤」発刊において、高知県下の沖積平野の地盤特性について執筆。2010年~2011年「全国77都市の地盤と災害ハンドブック(丸善出版)」において「高知市」を担当。2010年から現職
~中村和弘氏 略歴~ 1968年高知大学農学部農業工学科卒業。同年4月(株)相愛に入社し、ボーリング、物理探査、物理検層、室内土質試験等の地質・地下水調査解析業務に従事。1984年~1991年四国建設弘済会創立40周年記念事業「四国の地盤」発刊において、高知県下の沖積平野の地盤特性について執筆。2010年~2011年「全国77都市の地盤と災害ハンドブック(丸善出版)」において「高知市」を担当。2010年から現職

 
 

2013/02/28更新

愛媛県で地盤セミナーを開催しました。

「今ビルダーに必要な地盤力」~郷土の地盤特性と最新の地盤解析技術~

さきの東日本大震災で生じた住宅の不同沈下は、主に地盤が原因となっております。ビルダー様及び設計を行う方は最新の地盤解析技術を身につけ、適切な判断をすることが重要です。
 今回のセミナーはハウスメーカー他で住宅地盤の研究開発に42年間携わり、SWS調査の導入や地盤解析を通じて、地盤技術の向上に尽力した経験から得た実務内容を中心に構成いたしました。また、郷土地盤の研究をされている大学の先生や技術士による講演や最新調査技術の開発者による講演、解析技術及び実施事例報告など、住宅地盤に関わる方が対応するべき事象をわかりやすく説明いたしました。

開催日時

平成25年2月28日(木) 13:00~17:00

開催場所
愛媛県武道館 大会議室

協賛(順不同)
株式会社WASC基礎地盤研究所

株式会社日本住宅保証検査機構(JIO)
株式会社地研

参加者
98名

講演内容(敬称略)
「42年間で学んだ住宅地盤の問題点」

   講師:株式会社WASC基礎地盤研究所 代表取締役 高森 洋

「松山平野の地盤特性」
   講師:国立大学法人愛媛大学 理事・副学長 矢田部 龍一

「戸建住宅用地盤調査法の問題点と新しいSDS調査法による判定」
   講師:株式会社日本住宅保証検査機構 工学博士 大和 眞一

「SWSによる不撹乱サンプリング法と液状化判定」
   講師:ハイスピードコーポレーション株式会社 代表取締役 堀田 誠

テーマと内容、講師略歴はこちら


ご多忙のところ、ご参加くださいました皆さま、誠にありがとうございました。関係者一同心より感謝いたします。
参加していただいた皆さまが共鳴できることを職場やご家族にお話しされ、今後の家づくりに活かしていただければ、大変うれしく思います。 今回都合により参加できなかった皆様、次回の参加を心よりお待ちしております。
 

~高森洋氏 略歴~ 1970年大阪工業大学 土木工学科卒業。1970年4月積水ハウス(株)に入社し、新設された研究所に配属。これ以降、退職に至るまで住宅の基礎地盤の研究開発と普及、自然災害地において復旧のための諸業務に従事。2005年積水ハウスを退職後、株式会社WASC基礎地盤研究所設立
~高森洋氏 略歴~ 1970年大阪工業大学 土木工学科卒業。1970年4月積水ハウス(株)に入社し、新設された研究所に配属。これ以降、退職に至るまで住宅の基礎地盤の研究開発と普及、自然災害地において復旧のための諸業務に従事。2005年積水ハウスを退職後、株式会社WASC基礎地盤研究所設立

高森 洋氏による講演  「42年間で学んだ住宅地盤の問題点」
高森 洋氏による講演 「42年間で学んだ住宅地盤の問題点」

~矢田部龍一氏 略歴~ 1979年京都大学大学院工学研究科修士課程土木工学専攻修了。1979年~愛媛大学助手、助教授、教授を経て現職。専門分野は地盤工学
~矢田部龍一氏 略歴~ 1979年京都大学大学院工学研究科修士課程土木工学専攻修了。1979年~愛媛大学助手、助教授、教授を経て現職。専門分野は地盤工学

矢田部 龍一氏による講演  「松山平野の地盤特性」
矢田部 龍一氏による講演 「松山平野の地盤特性」

~大和眞一氏 略歴~ 1971年九州工業大学工学部大学院修了。1971年~2005年まで35年間旭化成の建材研究所で既成杭の研究開発に従事。SC杭、高支持力杭、羽根付鋼管杭などわが国の第1号となるを開発。2005年より現職
~大和眞一氏 略歴~ 1971年九州工業大学工学部大学院修了。1971年~2005年まで35年間旭化成の建材研究所で既成杭の研究開発に従事。SC杭、高支持力杭、羽根付鋼管杭などわが国の第1号となるを開発。2005年より現職

大和 眞一氏による講演  「戸建住宅用地盤調査法の問題点と新しいSDS調査法による判定」
大和 眞一氏による講演 「戸建住宅用地盤調査法の問題点と新しいSDS調査法による判定」

~堀田 誠氏 略歴~ 1983年千葉工業大学工学部土木工学科修了、1983年~2007年まで地方ゼネコンにて港湾施設・高速道路などのインフラ事業施工管理に従事、2007年にハイスピード工法を開発し、現在に至る。
~堀田 誠氏 略歴~ 1983年千葉工業大学工学部土木工学科修了、1983年~2007年まで地方ゼネコンにて港湾施設・高速道路などのインフラ事業施工管理に従事、2007年にハイスピード工法を開発し、現在に至る。

弊社の代表取締役 堀田 誠による講演  「SWSによる不撹乱サンプリング法と液状化判定」
弊社の代表取締役 堀田 誠による講演 「SWSによる不撹乱サンプリング法と液状化判定」

2013/02/10更新

「地盤技術研修会」を開催

平成25年2月10日(日)、11日(祝) 弊社にて、講師に「株式会社WASC基礎地盤研究所」の高森 洋先生をお招きして「地盤技術研修会」を開催しました。


高森先生は長く積水ハウスに勤められ、積水の地盤及び改良の基礎を作られた方です。
高森先生のプロフィールはこちら
その豊富な経験と現場で得た技術を、2日間に渡って教えていただきます。


高森先生、二日間ありがとうございました。 高森先生からのお言葉「一生勉強、一生探求」を心に持ち続け
今回の研修で学んだこと、気づいたことを日々の業務に活かしていきたいと思います。


 

現状確認試験中
現状確認試験中

「戸建て住宅での地盤調査」研修中
「戸建て住宅での地盤調査」研修中

「軟弱地盤の特徴」研修中
「軟弱地盤の特徴」研修中

「地盤調査の実演、サンプリング」研修中
「地盤調査の実演、サンプリング」研修中

「不同沈下が起こる理由」研修中
「不同沈下が起こる理由」研修中

「柱状地盤改良工法の理論」「表層改良工法の理論」研修中
「柱状地盤改良工法の理論」「表層改良工法の理論」研修中

「ハイスピード工法支持力理論・液状化理論」研修中
「ハイスピード工法支持力理論・液状化理論」研修中

地盤に関するお役立ち情報

よくあるご質問内容

お施主様のメッセージ

TOP